庭づくりへの想い

子供の頃過ごした庭には
ソテツ、シュロ、黒松、マキ、黄金ヒバ、柿と夾竹桃
そして夏みかんが植えられた豪華でもなく貧相でもなく、
当時としては、ごく普通の庭だったと思います。

わずか1㎡程のコンクリート造で
かつては
金魚の水槽だった所に土を入れて
水仙や竜のひげや落ちている
石などを置いて
遊んだ記憶があります。
夾竹桃は毒があると
夏みかんは造成工事によって
伐採されてしまいました。
クロマツは手入れが大変だと
父が伐採してしまった時に
祖母が悲しんでいた事を憶えています。

いたずらをして庭で正座をさせられた、
ひんやりとした冷たい土の感触や夏みかんの実を一生懸命に
竹の棒で払い落とし
「これを食べると風邪を引かないよ」
と言って皮をむいてくれた
祖母の優しさと夏みかんの香りは心の中に鮮明に残って
今でも時々私を優しい気持ちにさせてくれます。
形が変わってしまったり、
或いは庭自体がなくなってしまっても、
その時の感情や思い出は
いつまでも心の中に残っていくものだと信じています。

デザインする上で大切にしている事は?

お客様の意向が一番大切でその思いをデザインに反映します。
お客様と会話を重ねデザインの糸口を見つけ、
それを広げたり修正したりしてデザインします。

VILLAGE GARDEN ビレッジガーデン 千葉県長生郡一宮町 コンクリートの庭

どのような思考でデザインするのか?

まずお客様の要望を頭の中で
整理します。

 

大きく分けてデザイン先行で
考える場合と、費用とデザインを
同時に考えながら進行する場合の
2パターンです。

 

全くデザインが思い浮かばない時は、
ただただ鉛筆を動かしてみます。

そうすると、
ふっと思いがけずに糸口が見つかる場合もあります。

 

それでもイメージが浮かばない時は
お客様の要望や自分が望むものとは
全く別の物をいたずら書きしてみます。

美しいと感じるものは

安定と不安定、

優しさと厳しさ

など

相反するもの同士がギリギリの均衡を保っている状態が
一番美しいと感じます。

VILLAGE GARDEN
代表 宇井英喜